https://sps.honeywell.com/jp/ja/search-results.html
粒子状物質センサ
粒子状物質センサ

粒子状物質センサ

粒子状物質センサは、光散乱法を使用して、所定の環境内で粒子を検出・カウントします。

粒子状物質センサには、光散乱法を用いて、所定の環境下で0μg/m 3〜1,000μg/m3の濃度範囲の粒子を検出し計数するレーザ式センサ「HPMシリーズ」などがあります。

検出チャンバを通過した粒子をレーザー光源で照射します。粒子がレーザー光を通過すると、光源が遮られ、感光または光検知器に記録されます。次に、光が分析され、電気信号に変換されて、粒子のサイズおよび量が伝達され、濃度がリアルタイムで計算されます。